メニエール病のめまいと脳梗塞のめまい|些細な症状にも要注意

無呼吸症候群の症状と治療

2人の医者

睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に呼吸が止まってしまう病気であり、Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって「SAS(サス)」と呼ばれることもある。医学的に睡眠時無呼吸症候群は、10秒以上の気流停止を無呼吸とし、それが一晩に30回以上もしくは1時間に5回以上であれば睡眠時無呼吸症候群である。寝ている間の無呼吸にはなかなか気付くことができないため、検査・治療を受けていないたくさんの潜在患者がいると推計されており、日本では300万人以上いると推計されている。またこの病気にかかりやすい人には外見上の特徴があり、首が短くて太い、下あごが小さい、歯並びが悪い、舌や舌の付け根が大きかったりすると、睡眠時無呼吸症候群にかかりやすくなる。そのため、上記に当てはまる人は注意する必要がある。

睡眠時無呼吸症候群の症状は、呼吸停止が繰り返されることによる酸素不足で脳や身体にダメージを与え、それによって、強い眠気や倦怠感や集中力低下が起こり日常生活に影響を与える。仕事や学業に支障が出ることも多いので、改善が急がれる病気でもあるのだ。主な症状は、いびきをかく、いびきが止まり再び大きな呼吸とともにいびきをかく、呼吸が止まるなどの状態が続くことだ。また、頻繁に目を覚ましたり、むせる、頭が痛い、すっきり起きられないなどの状態も睡眠時無呼吸症候群である可能性が高い。主な治療法は、欧米や日本ではやっているCPAP療法、軽度な症状に適したマウスピース法、外科的手術などがある。これらを行うことで、無呼吸状態を改善し快眠を得ることができるのだ。また治療と合わせて生活習慣も改善する必要がある。睡眠時無呼吸症候群は予防することができ、適正体重を維持したり、鼻呼吸で寝たり、横向きに寝ることで予防もできる。