メニエール病のめまいと脳梗塞のめまい|些細な症状にも要注意

運動が効果的です

看護師

高齢者に増加しています

現代の日本の社会は、病気の形態が変化するようになりまして、自律神経系の病気が増加しています。そうした自律神経の病気のうち、近年とくに増加しているのが、高齢者世代における不眠症ですもちろん不眠症は、高齢者世代ばかりではなくて、若い世代においても発症することがあります。しかし、若い世代の発症率の増加よりも、高齢者世代の発症率の増加の方が、大きい傾向があるのです。また、日本の社会は全体として、少子高齢化社会を迎えるようになっています。少子高齢化社会では、高齢者の占める割合が多いので、そのぶん高齢者世代の不眠症も多くなるのです。こうした背景があるために、高齢者世代への不眠症の改善が、人気を集めているのです。

肉体と精神のアンバランス

自律神経系の病気が増える理由として、指摘されているのが、肉体と精神のアンバランスになります。以前までの日本の社会は、肉体労働が多い傾向にありました。しかし、工業科が日本全体で進んだことによって、肉体を使う労働が少なくなりました。それによって増加するようになったのが、肉体を使わない労働です。肉体を使わない労働は、そのぶん頭脳を使うので、精神の活動が盛んになるのです。とくに高齢者世代になりますと、肉体の活動量が少なくなる傾向があります。このような精神活動の活発さが、高齢者世代に不眠症が増えている理由の一つです。この点を踏まえて対策をすることが、高齢者世代の不眠症を改善する、大きな特徴になります。なかでも効果的なのが、運動を生活に取り入れて、改善を図ることです。運動をすると、先述のアンバラスさが改善されて、不眠症を改善に導きやすくなります。